トップ > エクジットのロゴについて

エクジットのロゴについて

ロゴマークエクジットロゴ

エクジット(EXZIT)のロゴマークは、頭文字Eで『ツバメの親子』を表現したものです。
ツバメから受けるイメージには、スピード感、俊敏性があります(迅速性、柔軟性)。

また、昔からツバメが巣を作る家には幸せが来ると言われており(ラッキーシンボル)、親鳥が軒先の巣にいる雛にせっせとエサを運び、子育てをしている光景は微笑ましいものです(育てる、次世代へつなぐ)。
さらに、小さいながら渡り鳥であるツバメには秘めたる力強さもあります(継続性、粘り強さ)。

私どものロゴマークには、このようなツバメの持つイメージをしっかりと実践していきたいとの想いが込められています。

ロゴタイプエクジットロゴタイプ

エクジット(EXZIT)のロゴタイプは、英語のEXIT(出口)からきています。
証券業界などでは一般的に、EXIT(エグジット)=「投資回収」の意味に使われていますが、私どもは『企業が成長発展して次のステージへ出ていくこと』ととらえています。

そして、EXZITの真ん中の『Z』は、その形から漢字の『乙』になぞらえて、『乙鳥(イツチョウ)』すなわち、ツバメを表していて、ツバメ=私どもが『次のステージへ向かう企業の案内役』になる! なろう!との想いが込められています。

さらに、EXZITの前部分EX-Zで、Z=ZERO、すなわち、『原点からのスタート、初心忘るべからず』との謙虚な心を、後部分Z-ITで、Z=アルファベットの最終、すなわち、『究極、最高を目指す!目指そう!』とのチャレンジ精神を、ともに大事にしていこうとの想いが込められています。

このページのトップへ